北川フラムについて

Photo:Junya Ikeda

アートディレクター

1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ。東京芸術大学卒業。

主なプロデュースとして、現在のガウディブームの下地をつくった「アントニオ・ガウディ展」(1978­‐1979)、日本全国80校で開催された「子どものための版画展」(1980­‐1982)、全国194ヶ所38万人を動員し、アパルトヘイトに反対する動きを草の根的に展開した「アパルトヘイト否!国際美術展」(1988-­1990)等。

地域づくりの実践として、「ファーレ立川アート計画」(1994/日本都市計画学会計画設計賞他受賞)、2000年にスタートした「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(第7回オーライ!ニッポン大賞グランプリ〔内閣総理大臣賞〕他受賞)、「水都大阪」(2009)、「にいがた水と土の芸術祭2009」「瀬戸内国際芸術祭2010、2013、2016」(海洋立国推進功労者表彰受賞)等。

長年の文化活動により、2003年フランス共和国政府より芸術文化勲章シュヴァリエを受勲。2006年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)、2007年度国際交流奨励賞・文化芸術交流賞受賞。2010年香川県文化功労賞受賞。 2012年オーストラリア名誉勲章・オフィサー受賞。2016年紫綬褒章受章。

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」、「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクター。

現職および公職

公益財団法人福武財団常任理事、㈱アートフロントギャラリー代表取締役会長、岡山大学学長特別補佐、北京大学客員教授(2017年4月~)、(財)地域創造顧問 等

主な編著作

現代と声 版画の現在
1977年/現代版画センター
菅井汲 1980
1980年/現代版画センター
悲喜劇・1930年代の建築と文化
1981年/現代企画室
ガウディを〈読む〉
1984年/現代企画室
工事中 KAWAMATA 川俣正作品集
1987年/現代企画室
別冊太陽 パブリックアートの世界
1995年/平凡社
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2000
2001年/現代企画室
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003
2004年/現代企画室
いま、そこにいる良寛
2004年/現代企画室
希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年
2005年/角川学芸出版
大地の芸術祭 ディレクターズ・カット
2010年/角川学芸出版
美術は地域をひらく 大地の芸術祭10の思想
2014年/現代企画室
Art Place Japan
The Echigo-Tsumari Art Triennale 
and the Vision to Reconnect Art and Nature
2015年/Princeton Architectural Press
ひらく美術 ─地域と人間のつながりを取り戻す
2015年/筑摩書房
直島から瀬戸内国際芸術祭へ―美術が地域を変えた

(福武總一郎氏と共著)
2016年/現代企画室

NEWS

© ART FRONT GALLERY
ENGLISHCHINESE