ザ・リッツ・カールトン京都

ホスピタリティスペース京都市、京都府2014

ザ・リッツ・カールトン京都

ホスピタリティスペース京都市、京都府2014

撮影 市川 靖史
源氏物語の世界観を約400点の現代アートで演出

平安時代の貴族たちは襟の色を合わせるために複数の衣を重ねていました。この色の組み合わせは「かさね」と呼ばれ、年中行事や季節によって厳密に定められていました。それは、大陸文化より様々な要素を取り入れながら、絶えず独自の新しい文化を創造してきた日本文化を象徴しているようです。この多様な文化の層は、平安時代世界の物語文学の最高峰ともされる「源氏物語」にもあらわれています。
ザ・リッツ・カールトン京都では、美術館さながら、ザ・リッツ・カールトン京都のクラフトマンシップに呼応した約400点のアートが、「源氏物語」の世界観を作り出し、伝統と現代的な要素が重奏する京都の新たな文化の層を優雅に表現しています。
ホスピタリティスペースOther Works

More

アートワーク事業について

大型施設におけるモニュメントアート、ビジネスのためのインテリア・アートから、個人的な空間づくりやコレクションのお手伝いまで様々なアートワークのご用命にお応えいたします。

More

仕事の流れ

アート空間のコンセプト作りから、アーティストへの制作依頼、維持管理計画、広報活動への活用提案とカタログ・パンフレットの制作まで、アートワークに関するあらゆる業務を行います。

More