TOPIC2020.05.25

「アースデイ」から「大地の芸術祭」へ ――パンデミック下の世界でアーティスト・磯辺行久が考える「環境と人間」

1970年ニューヨークで第1回「アースデイ」の為エア・ドームを設置中の磯辺行久
エア・ドーム設置中の磯辺行久 1970年ニューヨーク

去る2020年4月22日、Covid-19禍蔓延のもと、世界は「アースデイ」50周年を迎えました。50年前のニューヨークで始まった「アースデイ」に深く関わったアーティスト・磯辺行久さんが、越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭ウェブマガジン「美術は大地から」内にて、過去、現在、未来のこと、そして次回大地の芸術祭の構想を語りました。
≪記事を読む≫

第1回「アースデイ」の会場のひとつとなったエア・ドーム
第1回アースデイではティーチインイベントがドーム内で行われ環境に対する危機意識を発信した

磯辺行久は、東京都現代美術館とカディスト・アート・ファウンデーション(KADIST)の共同企画展「もつれるものたち」に出展しています。その展示作品について紹介します。
《記事を読む》

「もつれるものたち Things Entangling」展のためにKADIST財団が作成したPR動画
磯辺作品がダイナミックに動く

5つの芸術祭の現在 北川フラム

5つの芸術祭の現況  今から一年前、新型コロナウィルス感染が世界的に拡大し、それに伴い、昨年予定していた3つの芸術祭(「…

芸術祭北川フラム

2021.02.24

やがてミロとなるひとりの子どものために――豊かなアート体験の場をつくる

 コロナ禍のなか、アートフロントギャラリーが指定管理者をつとめる市原湖畔美術館では、第8回を迎える「子ども絵画展」の準備…

TOPIC展覧会

2021.02.02

インスタグラム アーティスツ・ブレス Artists’ Breath シーズン1が終了

 2020年6月15日からほぼ毎日更新を続けてきたインスタグラムArtists’ Breathは2021年1月15日をも…

芸術祭北川フラム

2021.02.01

代表・北川フラムが語る「社会的共通資本」としてのアートを求めて

コロナ禍に垣間見えた可能性               2020年は、年頭から新型コロナウィルスが話題になり、3月にはパ…

TOPIC芸術祭北川フラム

2020.12.24

「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」オンライン企画発表会が開催されました

 北川フラムが総合ディレクターを務める来年開催の4つの芸術祭の先陣を切って、「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2…

芸術祭北川フラム

2020.12.24

いちはらアート×ミックス2020+ 12月23日(水)オンライン企画発表会開催

「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」実行委員会は来年2021年3月より開催する「房総里山芸術祭 いちは…

芸術祭北川フラム

2020.12.12

© 2021 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy