TOPIC2020.05.25

「アースデイ」から「大地の芸術祭」へ ――パンデミック下の世界でアーティスト・磯辺行久が考える「環境と人間」

1970年ニューヨークで第1回「アースデイ」の為エア・ドームを設置中の磯辺行久
エア・ドーム設置中の磯辺行久 1970年ニューヨーク

去る2020年4月22日、Covid-19禍蔓延のもと、世界は「アースデイ」50周年を迎えました。50年前のニューヨークで始まった「アースデイ」に深く関わったアーティスト・磯辺行久さんが、越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭ウェブマガジン「美術は大地から」内にて、過去、現在、未来のこと、そして次回大地の芸術祭の構想を語りました。
≪記事を読む≫

第1回「アースデイ」の会場のひとつとなったエア・ドーム
第1回アースデイではティーチインイベントがドーム内で行われ環境に対する危機意識を発信した

磯辺行久は、東京都現代美術館とカディスト・アート・ファウンデーション(KADIST)の共同企画展「もつれるものたち」に出展しています。その展示作品について紹介します。
《記事を読む》

「もつれるものたち Things Entangling」展のためにKADIST財団が作成したPR動画
磯辺作品がダイナミックに動く

9月29日 北川フラムが「芸劇+まちがく」第11回公開フォーラムで朝倉健吾さん(代官山ヒルサイドテラス)と対談いたします

「芸劇+まちがく」第11回公開フォーラム「アーバンヴィレッジ代官山」ーヒルサイドテラス50周年から見えてくる都市の姿ー …

北川フラム

2020.09.03

考え、目を見開き続けよう――コロナ禍の世界でアートの可能性を問う レアンドロ・エルリッヒ インタビュー

金沢に新しくオープンした美術館「KAMU kanazawa」で、コロナ禍の影響で制作が遅れていた新作《Infinite …

TOPIC

2020.08.25

タイムアウト東京で北川フラムのインタビューが掲載されました

グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み…

北川フラム

2020.08.25

共同通信「ハーベストタイム」で北川フラムのインタビューが掲載されました

共同通信による人物ルポ「ハーベストタイム」にて弊社主宰の北川フラムが紹介されました。これまで北海道新聞(5/29)、河北…

北川フラム

2020.06.25

中国雑誌「芸術商業」にて北川フラムのインタビューが掲載されました

中国の雑誌「芸術商業」で北川フラムのインタビューが掲載されました。 「ポストコロナ時代『地域と芸術』のこれからについて」…

北川フラム

2020.06.25

インスタグラムプロジェクト”Artists’ Breath”がスタートします

 北川フラムが総合ディレクターを務める5つの芸術祭に国内外から参加するアーティストの現在進行形の息吹を紹介するインスタグ…

TOPIC芸術祭北川フラム

2020.06.15

© 2020 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy