TOPIC芸術祭北川フラム2020.06.15

インスタグラムプロジェクト"Artists' Breath"がスタートします

 北川フラムが総合ディレクターを務める5つの芸術祭に国内外から参加するアーティストの現在進行形の息吹を紹介するインスタグラムプロジェクト“Artists’ Breath”がスタートします。

Artist’s Breath ディレクター 
北川フラムメッセージ

 今年、新型ウイルスの蔓延によって、多くの展覧会、イベントが延期または中止となりました。私がディレクターを務める、今年開催予定だった国内の芸術祭3つ(*1)も延期されました。アーチストがこの期間にどう生活し、何を考えているのかしりたくなりました。
アーチストは皆さんそれぞれ違います。それは地球上の77億人、それぞれの発語・生理です。77億人の人々は今、同時に生き、共通の体験をしている。そして異なった考えをもって生きています。その凄さに感動し、厳粛にならざるを得ません。Artists’ Breathでは、その多様さをお届けしていきたいと思っています。いわば空白にみえる日常の中で、生命の海でつながった世界のアーチストによる豊かなプラットフォームがつくれたら素晴らしいと思います。

2020年6月15日

この「Artists’Breath(アーティスツ・ブレス)」では、延期になった3つの芸術祭(*1)と、大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭の参加アーティストたちの多様な「いま」の声を世界各国からお届けします。 初日となる6月15日には大地の芸術祭に参加し、その顔ともいうべき作品「棚田」の作者イリヤ&エミリア・カバコフをはじめ7組のアーティストが登場。以降、1日1つずつアップし、2021年の春まで続く予定です。

ぜひインスタグラムでフォローをお願いします。

Artsits’ Breath@artistsbreathpress

ディレクター:北川フラム
事務局:アートフロントギャラリー
共催:各芸術祭実行委員会事務局(房総里山芸術祭いちはらアートxミックス、北アルプス国際芸術祭、奥能登国際芸術祭、大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ瀬戸内国際芸術祭
このプロジェクトは文化庁委託事業として行われます。

(*1)2020年の開催を延期した3つの芸術祭

房総里山芸術祭いちはらアートxミックス2020(2021年3月20日~5月16日)

北アルプス国際芸術祭2020 (会期未定)

奥能登国際芸術祭2020(2021年9月4日~10月24日)

共同通信「ハーベストタイム」で北川フラムのインタビューが掲載されました

共同通信による人物ルポ「ハーベストタイム」にて弊社主宰の北川フラムが紹介されました。これまで北海道新聞(5/29)、河北…

北川フラム

2020.06.25

中国雑誌「芸術商業」にて北川フラムのインタビューが掲載されました

中国の雑誌「芸術商業」で北川フラムのインタビューが掲載されました。 「ポストコロナ時代『地域と芸術』のこれからについて」…

北川フラム

2020.06.25

市原湖畔美術館「雲巻雲舒 現代中国美術展・紙」再開(7月26日まで)――キュレーターインタビュー

紙を通じて、人と自然の関係を問い直す 新型コロナウィルスの影響で4月から臨時休館となった市原湖畔美術館で「雲巻雲舒(うん…

TOPIC展覧会

2020.06.24

瀬戸内国際芸術祭2022に向けて作品公募がスタート

北川フラムが2010年より総合ディレクターを務める瀬戸内国際芸術祭。第5回目の開催となる2022年に向けて作品公募がスタ…

芸術祭

2020.05.27

コーポレートサイト・リニューアルにあたってのメッセージ

アートフロントギャラリーはコーポレートサイトをリニューアルいたしました。 アートフロントギャラリーは、1971年に東京芸…

TOPIC北川フラム

2020.05.25

「アースデイ」から「大地の芸術祭」へ ――パンデミック下の世界でアーティスト・磯辺行久が考える「環境と人間」

去る2020年4月22日、Covid-19禍蔓延のもと、世界は「アースデイ」50周年を迎えました。50年前のニューヨーク…

TOPIC

2020.05.25

© 2020 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy