TOPIC北川フラム2020.05.25

コーポレートサイト・リニューアルにあたってのメッセージ

アートフロントギャラリーはコーポレートサイトをリニューアルいたしました。

アートフロントギャラリーは、1971年に東京芸術大学の学生・卒業生を中心としたグループの活動としてスタートし、1982年、株式会社として設立されました。代官山ヒルサイドテラスを拠点に様々なネットワークによって仕事をしています。その活動は、1点の絵画を販売することから始まり、展覧会の企画運営、生活空間やオフィス、ホテル、開発事業等におけるアートコーディネート、アートによるまちづくり・地域づくり、芸術祭など多岐にわたっています。根底にあるのは、同時代のアーティストが生み出す作品の時代精神、未来への予感に寄り添い、アートを広く国際的な観点をもって、深く社会的な場に展開したいという思いです。

ファーレ立川

私たちは現在、トップアーティストから若手まで、世界の多くのアーティストと協働しています。その契機となったのは、ベルリンの壁が崩壊して5年後、1994年に米軍基地跡地の再開発で誕生したファーレ立川パブリックアートプロジェクトでした。①驚きと発見の街 ②ファンクションをフィクションに(機能のアート化) ③世界を映す街 という3つのコンセプトのもと、世界36か国92人のアーティストが作品を展開し、「基地の街」を「アートの街」に変えました。かつてスペインのアーティスト、ミロが「私の作品のすべてはガウディに負っている。幼い頃遊んだグエル公園での記憶が私の美術の源なのだ」と語ったように、私たちは、ひとりの子どもにとって記憶に残る街をつくりたいと思いました。それから4半世紀が過ぎましたが、ファーレ立川のアートは、行政やオーナー、ボランティアグループによって今も大切に守られ、多くの子ども達が訪れています。またファーレ立川の手法は、台湾や上海のパブリックアートプロジェクト(「上海都市空間芸術祭」等)にも影響を与えています。

「アパルトヘイト否!国際美術展」

日本全国13か所で開催した「アントニ・ガウディ展」(1978-1979年)や、全国194か所で38万人が見た「アパルトヘイト否!国際美術展」(1988年から2年間に全国194か所で開催)を草の根の実行委員会を地域で組織することによって実行した経験は、「アートによる地域づくり」の先駆として知られる「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に生きています。グローバル化による地域文化の崩壊、地球環境問題の危機が深刻化する中で、「人間は自然に内包される」を基本理念に、過疎高齢化が進む地域の再生のためにアートが触媒として何ができるか。その可能性を追求した大地の芸術祭は、他の地域も刺激し、瀬戸内国際芸術祭をはじめとする多くの地域芸術祭の開催につながり、その動きは国境を越えています。

「星峠の棚田」大地の芸術祭の里、新潟県越後妻有地域

新コロナウィルスのパンデミックにより、私たちは自由に移動することも、協働することも許されない状況にあります。しかし、文明が曲がり角を迎える今こそ、アートはこれまで以上に重要な役割を果たすことを期待されています。そうした期待にこたえる仕事をしていきたいと思います。

アートフロントギャラリー
代表 北川フラム
   奥野惠

Next

国際交流基金ウエブマガジン「をちこちMagazine」で北川フラムのインタビューが掲載されました

国際交流基金のウエブマガジン「をちこちMagazine」の特集「新型コロナウイルス下での越境・交流・創造」インタビューシ…

芸術祭北川フラム

2020.11.06

「ファーレ立川」から「まち全体が美術館」へーー「メンテナンス」がコミュニティをつくる

コンペの絵が現実に 10月17日(土)、18日(日)の2日間、毎年恒例の「ファーレ立川アートミュージアム・デー」が開催さ…

TOPICアートコーディネート

2020.10.26

田島征三、田中信太郎がNHK「日曜美術館」で紹介されます。

田島征三さんの特集がテレビ番組「日曜美術館」にて特集されます。絵本作家として数々の名作を発表されてきた田島さん。越後妻有…

TOPIC

2020.09.28

考え、目を見開き続けよう――コロナ禍の世界でアートの可能性を問う レアンドロ・エルリッヒ インタビュー

金沢に新しくオープンした美術館「KAMU kanazawa」で、コロナ禍の影響で制作が遅れていた新作《Infinite …

TOPIC

2020.08.25

タイムアウト東京で北川フラムのインタビューが掲載されました

グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み…

北川フラム

2020.08.25

インスタグラムプロジェクト”Artists’ Breath”がスタートします

 北川フラムが総合ディレクターを務める5つの芸術祭に国内外から参加するアーティストの現在進行形の息吹を紹介するインスタグ…

TOPIC芸術祭北川フラム

2020.06.15

© 2020 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy