芸術祭北川フラム2020.05.25

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」作品公募に向けた
ディレクター・メッセージ

来年開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」に向けた作品公募は、昨今のコロナウイルス(COVID-19)による影響を鑑み受付期間を延期することになりました。人の移動もままならない中で、芸術祭にも様々な変化が求められているのかもしれません。新たな公募要項と総合ディレクター・北川フラムのメッセージをお伝えします。
詳しい公募情報を読む

<総合ディレクター・メッセージ>

アーティストの皆さんへ

昨今のコロナウイルス(COVID-19)による影響を鑑み、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2021」向けた公募の募集期間を延長することになりました。アーティストやスタッフ、サポーターやお客さんなど、あらゆる人の移動もままならない中で、芸術祭にも様々な変化が求められているのかもしれません。
しかしながら、地域独自の歴史や文化、豊かな自然資源など、その場所の魅力を活かした「サイトスペシフィックなアート作品」そのものの重要性が薄れるわけではありません。また、事態が収束した後、人間と自然、社会とインフラ、生活と文化など、さまざまな関係がより一層問い直されることでしょう。世界が閉鎖的にならないための、アーティストの工夫と挑戦が、作品を通して試されているのだと思います。
何かしらの手段で現地に行かずとも実現可能であり、サイトスペシフィックなインスタレーション作品であれば、それが一番好ましいでしょう。しかしながら、インターネットを媒介としたサイトスペシフィックな作品のアイデアや映像作品の重要性は高まります。なお、実際に地域を訪れることが難しいので、ネット上で資料を配布しようと考えています。
コロナ禍で既存の価値観がいやおうなしに見直される中で、美術は大切な役割を果たせるかが問われてきます。皆様のご応募お待ちしております。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2021
総合ディレクター
北川フラム

5つの芸術祭の現在 北川フラム

5つの芸術祭の現況  今から一年前、新型コロナウィルス感染が世界的に拡大し、それに伴い、昨年予定していた3つの芸術祭(「…

芸術祭北川フラム

2021.02.24

やがてミロとなるひとりの子どものために――豊かなアート体験の場をつくる

 コロナ禍のなか、アートフロントギャラリーが指定管理者をつとめる市原湖畔美術館では、第8回を迎える「子ども絵画展」の準備…

TOPIC展覧会

2021.02.02

インスタグラム アーティスツ・ブレス Artists’ Breath シーズン1が終了

 2020年6月15日からほぼ毎日更新を続けてきたインスタグラムArtists’ Breathは2021年1月15日をも…

芸術祭北川フラム

2021.02.01

代表・北川フラムが語る「社会的共通資本」としてのアートを求めて

コロナ禍に垣間見えた可能性               2020年は、年頭から新型コロナウィルスが話題になり、3月にはパ…

TOPIC芸術祭北川フラム

2020.12.24

「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」オンライン企画発表会が開催されました

 北川フラムが総合ディレクターを務める来年開催の4つの芸術祭の先陣を切って、「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2…

芸術祭北川フラム

2020.12.24

いちはらアート×ミックス2020+ 12月23日(水)オンライン企画発表会開催

「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」実行委員会は来年2021年3月より開催する「房総里山芸術祭 いちは…

芸術祭北川フラム

2020.12.12

© 2021 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy