芸術祭2020.05.27

瀬戸内国際芸術祭2022に向けて
作品公募がスタート

北川フラムが2010年より総合ディレクターを務める瀬戸内国際芸術祭。第5回目の開催となる2022年に向けて作品公募がスタートします。

瀬戸内国際芸術祭公式サイトで詳しく見る

2019年に開催された前回の瀬戸内国際芸術祭では、これまでの芸術祭に引き続き「海の復権」をテーマとし、瀬戸内海の12の島(直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島、本島、高見島、粟島、伊吹島)と2つの港周辺(高松港、宇野港)を舞台に作品を展示しました。春、夏、秋と3会期、計107日間開催し、合わせて約118万人が芸術祭を訪れました。

連載コラム「瀬戸内物語」

瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクターをつとめる北川フラムが、四国新聞紙上で連載している「瀬戸内物語」。2011年、第1回目…

北川フラム

2021.02.26

5つの芸術祭の現在 北川フラム

5つの芸術祭の現況  今から一年前、新型コロナウィルス感染が世界的に拡大し、それに伴い、昨年予定していた3つの芸術祭(「…

芸術祭北川フラム

2021.02.24

インスタグラム アーティスツ・ブレス Artists’ Breath シーズン1が終了

 2020年6月15日からほぼ毎日更新を続けてきたインスタグラムArtists’ Breathは2021年1月15日をも…

芸術祭北川フラム

2021.02.01

代表・北川フラムが語る「社会的共通資本」としてのアートを求めて

コロナ禍に垣間見えた可能性               2020年は、年頭から新型コロナウィルスが話題になり、3月にはパ…

TOPIC芸術祭北川フラム

2020.12.24

「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」オンライン企画発表会が開催されました

 北川フラムが総合ディレクターを務める来年開催の4つの芸術祭の先陣を切って、「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2…

芸術祭北川フラム

2020.12.24

いちはらアート×ミックス2020+ 12月23日(水)オンライン企画発表会開催

「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」実行委員会は来年2021年3月より開催する「房総里山芸術祭 いちは…

芸術祭北川フラム

2020.12.12

© 2021 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy