芸術祭北川フラム2020.05.25

「瀬戸内アジアフォーラム2019」記録集が公開中。15か国38団体が参加した

アートフロントギャラリーは「瀬戸内国際芸術祭2019」の一環として2019年8月に開催された「第2回瀬戸内アジアフォーラム」をコーディネートしました。アートによるまちづくりや芸術祭のあり方を巡る貴重な議論の記録を日本語・英語・中国語で公開しています。
フォーラムでは4日間にわたり、15か国38団体60人が共に過ごし、島をめぐりながら、 「アートツーリズム」「芸術祭の持続可能性」「サイトスペシフィック・アートの可能性」「企業のアートへの関わり」等について語りあいました。
登壇者として北川フラム、アンソニー・ガードナー、パトリック・フローレス、クリッティヤー・カーウィーウォン、レオナルド・バルトロメス、池澤夏樹、福武總一郎などが参加しました。

瀬戸内国際芸術祭 公式サイトよりご覧ください。
https://setouchi-artfest.jp/news/topics/detail67.html

共同通信「ハーベストタイム」で北川フラムのインタビューが掲載されました

共同通信による人物ルポ「ハーベストタイム」にて弊社主宰の北川フラムが紹介されました。これまで北海道新聞(5/29)、河北…

北川フラム

2020.06.25

中国雑誌「芸術商業」にて北川フラムのインタビューが掲載されました

中国の雑誌「芸術商業」で北川フラムのインタビューが掲載されました。 「ポストコロナ時代『地域と芸術』のこれからについて」…

北川フラム

2020.06.25

インスタグラムプロジェクト”Artists’ Breath”がスタートします

 北川フラムが総合ディレクターを務める5つの芸術祭に国内外から参加するアーティストの現在進行形の息吹を紹介するインスタグ…

TOPIC芸術祭北川フラム

2020.06.15

瀬戸内国際芸術祭2022に向けて作品公募がスタート

北川フラムが2010年より総合ディレクターを務める瀬戸内国際芸術祭。第5回目の開催となる2022年に向けて作品公募がスタ…

芸術祭

2020.05.27

「アースデイ」から「大地の芸術祭」へ ――パンデミック下の世界でアーティスト・磯辺行久が考える「環境と人間」

去る2020年4月22日、Covid-19禍蔓延のもと、世界は「アースデイ」50周年を迎えました。50年前のニューヨーク…

TOPIC

2020.05.25

「いちはらアート×ミックス」トークシリーズ「コロナの状況下においてアーティストが持つ希望」ロシア人参加アーティストは語る

今、世界のアーティストたちはどのように感じ、何を考え、何をしようとしているのか。来年3月に延期となった「いちはらアート×…

芸術祭北川フラム

2020.05.25

© 2020 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy