展覧会芸術祭2022.07.22

エカテリーナ・ムロムツェワ 越後妻有、代官山、瀬戸内の3か所で同時開催!

ロシア出身で、反戦のメッセージを発表し続けるエカテリーナ・ムロムツェワ。大地の芸術祭への参加が急遽決定し、7月21日より越後妻有里山現代美術館MonETで個展「Women in black/戦争に反対して黒衣を着る女性たち」がスタートしました(8月22日まで)。

代官山のアートフロントギャラリーでも、個展「Breaking History」を開催。 [8月5日(金) – 8月28日(日)]。
ロシアのさまざまな都市で行われた、女性たちによるウクライナ侵攻に反対する抗議活動の波に捧げられた「Women in Black」シリーズ及び、米国にある南軍司令官ロバート・E・リー将軍の騎馬像を撤去する過程を描いた「Take Lee Down」シリーズを発表します。また本展の作品販売による収益は作家の意向によりウクライナ避難民支援のために寄付される予定です。

エカテリーナ・ムロムツェワ《Women in black against the war》2022
エカテリーナ・ムロムツェワ《学校の先生》瀬戸内国際芸術祭 2022

瀬戸内国際芸術祭2022では、男木島で作品「学校の先生」が展示されます。
こちらは私たちの潜在意識に刷り込まれている「学校の先生」のイメージを様々な人から聞き取った「学校の先生」のエピソードに基づいたドローイングで構成されるもの。
来日は叶いませんでしたが、男木島の住民とオンラインでつなぎワークショップを行うなど、新しい形でのコミュニケーションも丁寧に行っています。

以上3か所での展示にぜひご注目ください。



マ・ヤンソン MADの「光のトンネル」を巡る旅(8/10映像配信)

2022年8月10日、MADアーキテクツと大地の芸術祭は、「越後妻有 大地の芸術祭 2022」に合わせて「マ・ヤンソンM…

TOPIC芸術祭北川フラム

2022.08.08

連載コラム「瀬戸内物語」

瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクターをつとめる北川フラムが、四国新聞紙上で連載している「瀬戸内物語」。2011年、第1回目…

北川フラム

2022.07.22

見逃せない!「越後妻有 大地の芸術祭 2022」パフォーマンス。田中泯、巻上公一、森山未來らが登場します。【7/8情報更新】

現在11月13日まで長期開催中の「大地の芸術祭」。夏に向かってさらに新作の公開も増えてまいります。今年は巻上公一、田中泯…

TOPIC芸術祭

2022.06.30

池田修さん追悼 協働の40年を振り返る

 去る3月16日、BankART1929代表であり、アートフロントギャラリー取締役でもあった池田修さんが急逝されました。…

TOPIC

2022.05.25

5月18日 瀬戸内国際芸術祭春会期ラストデイ 「北川フラムと行く沙弥島・与島・直島の新作ツアー」参加者募集中

現在開催中の瀬戸内国際芸術祭、いよいよ春会期は5/18(水)までとなりました。春会期の沙弥島・与島の新作、南条嘉毅、レオ…

TOPIC芸術祭

2022.05.12

5月31日 建築家の坂茂さんをゲストに第8回「北川フラム塾 芸術祭を横断的に学ぶ」を開催します

北川フラム塾は、地域芸術祭の背景を学んでいくプログラムです。 第8回目の北川フラム塾はゲストに建築家の坂茂さんをお招きし…

TOPIC北川フラム

2022.05.10

© 2022 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy