Fram Kitagawa

北川フラム

アートディレクター
アートフロントギャラリー代表

1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ。東京芸術大学美術学部卒業(仏教彫刻史)。
1971年、東京芸術大学の学生・卒業生を中心に「ゆりあ・ぺむぺる工房」を設立(渋谷区桜丘町)。展覧会やコンサート、演劇の企画・制作に関わる。1982年、株式会社アートフロントギャラリーを設立。

主なプロデュースとして、ガウディブームの下地をつくった「アントニオ・ガウディ展」(1978-79)、全国80校で開催された「子どものための版画展」(1980-82)、全国194ヶ所でアパルトヘイトに反対する動きを草の根的に展開し、38万人が訪れた「アパルトヘイト否!国際美術展」(1988-90)、米軍基地跡地を文化の街に変えた「ファーレ立川アートプロジェクト」(1994)など。

アートによる地域づくりの実践として「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(2000~)、「瀬戸内国際芸術祭」(2010~)、「中房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス」(2014、2020)、「北アルプス国際芸術祭」(2017、2020)、「奥能登国際芸術祭」(2017、2020)で総合ディレクターをつとめる。

主な受賞に2003年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ、ポーランド文化勲章、2006 年度芸術選奨文部科学大臣賞、2012年オーストラリア名誉勲章・オフィサー、2016年紫綬褒章、2017年度朝日賞、2018年度文化功労者。2019年イーハトーブ賞など。

主著に『希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年1965-2004 』(角川学芸j出版、2005年)、『美術は地域をひらく 大地の芸術祭10の思想』(現代企画室、2014年/アメリカ、台湾、中国、韓国で翻訳出版)、『ひらく美術 地域と人間のつながりを取り戻す』(ちくま新書、2015年)、『直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた』(福武總一郎との共著/現代企画室、2016年/中国、台湾で翻訳出版)など。

BOOKS

ひらく美術: 地域と人間のつながりを取り戻す

ファーレ立川パブリックアートプロジェクト 基地の街をアートが変えた

ディレクターズカット・大地の芸術祭

アートの地殻変動 大転換期、 日本の「美術・文化・社会」 北川フラム インタビュー集

美術は地域をひらく
—大地の芸術祭10の思想

RELATED NEWS

共同通信「ハーベストタイム」で北川フラムのインタビューが掲載されました

共同通信による人物ルポ「ハーベストタイム」にて弊社主宰の北川フラムが紹介されました。これまで北海道新聞(5/29)、河北…

北川フラム

2020.06.25

中国雑誌「芸術商業」にて北川フラムのインタビューが掲載されました

中国の雑誌「芸術商業」で北川フラムのインタビューが掲載されました。 「ポストコロナ時代『地域と芸術』のこれからについて」…

北川フラム

2020.06.25

インスタグラムプロジェクト”Artists’ Breath”がスタートします

 北川フラムが総合ディレクターを務める5つの芸術祭に国内外から参加するアーティストの現在進行形の息吹を紹介するインスタグ…

TOPIC芸術祭北川フラム

2020.06.15

コーポレートサイト・リニューアルにあたってのメッセージ

アートフロントギャラリーはコーポレートサイトをリニューアルいたしました。 アートフロントギャラリーは、1971年に東京芸…

TOPIC北川フラム

2020.05.25

「いちはらアート×ミックス」トークシリーズ「コロナの状況下においてアーティストが持つ希望」ロシア人参加アーティストは語る

今、世界のアーティストたちはどのように感じ、何を考え、何をしようとしているのか。来年3月に延期となった「いちはらアート×…

芸術祭北川フラム

2020.05.25

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」作品公募に向けたディレクター・メッセージ

来年開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」に向けた作品公募は、昨今のコロナウイルス(COVID…

芸術祭北川フラム

2020.05.25

「瀬戸内アジアフォーラム2019」記録集が公開中。15か国38団体が参加した

アートフロントギャラリーは「瀬戸内国際芸術祭2019」の一環として2019年8月に開催された「第2回瀬戸内アジアフォーラ…

芸術祭北川フラム

2020.05.25

連載コラム:大地の芸術祭公式マガジン「美術は大地から」 

  北川フラムが編集長を務める大地の芸術祭公式ウエブマガジンです。   ディレクターコラム第4回 「…

芸術祭北川フラム

2020.05.25

連載コラム「瀬戸内物語」

瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクターをつとめる北川フラムが、四国新聞紙上で連載している「瀬戸内物語」。2011年、第1回目…

北川フラム

2020.05.25

台湾のWebマガジン「500times/500輯」にインタビューが掲載されました

北川フラム 「普遍的価値が変化する時、アートの役割は世の中によって問われることになる。」 記者:胡士恩 世界的に著名なア…

北川フラム

2020.05.25

CNNで北川フラムが総合ディレクターをつとめる地域芸術祭が紹介されました

「アートが日本の地域再生を牽引する」として北川フラムが総合ディレクターを務める大地の芸術祭、奥能登国際芸術祭、瀬戸内国際…

芸術祭北川フラム

2020.05.25

ニッポンドットコムにインタビューが掲載されました

里山が舞台の「大地の芸術祭」、海の復権目指す「瀬戸芸」が世界で注目されるわけ 《記事を読む》

北川フラム

2020.05.25

© 2020 ART FRONT GALLERY all rights reserved

Privacy-Policy